NAKAZAWA VINEYARD情報

KurisawaBlanc 2007
NAKAZAWA VINEYARDから待望のクリサワブラン2007リリースです。
今年は、数品種のワインが登場かと思われていましたが、1種類のワインの登場です。
詳細は、以下ご案内の文面の抜粋をご覧ください。

2007年産ワインについて
 2007年は極端な異常気象はなく、比較的平穏な年だったと思います。春先から初夏にかけての干魃はもはや定番の気候になりつつあります。これまでになく早い6月中の開花、その後は低温傾向で不順な天候が続き、お盆ごろからは一転して晴天続きで高温、それによる「日灼け果」の発生、そして秋には夜温がなかなか下がらずヤキモキさせられました。
 前年に無農薬にチャレンジし、取り返しのつかないような痛い目に遭った経験から、畑のおよそ半 分でより現実的な有機栽培を目指しました。結果としては比較的天候にも恵まれ、何とか無事に収穫までこぎ着けました。樹が1つ年を重ねたせいか、収穫期のぶどうは風味に一段と深みが出てきた気がします。
 収穫したぶどうは栃木県足利市のココ・ファーム・ワイナリーにて4つの品種(ピノグリ、ケルナー、ゲヴュルツトラミナー、シルヴァーナ)ごとにワインを仕込みました。果実の品質は良く、自然酵母で発酵させました。
 今春、醸造スタッフと共にそれぞれのワインを試飲しました。どの品種も2006年より個性がはっきりしてきた印象で、品種ごとのワインとして販売することも考えました。ですが試しに全部をブレンドしてみると・・・こっちの方が美味しい! 皆の意見が一致しました。ということで、今年もブレンドワイン「クリサワブラン 2007」1種類をリリースいたします。

以上です。