うちの町内会のレジ袋のゴミ袋NG対応

浜松市では4月からのレジ袋の扱いが変更になりますが、わが町の町内会においても4月からの変更についてどうやって対応していくのか、対応策についての施策が提示された。反論意見はほとんどなく大きな議論はなされず、広報、ポスター、チラシ配布で徹底するという単なる連絡事項として扱うことに。町内会役員からは、最近はレジ袋をほとんど貰っていないことから、うちの町内は徹底できるだろうと言う意見が大半であった。まあ、この辺は田舎ですから生ゴミの処理をコンポストで対応しているし、今回の変化はそんなに抵抗感は無いというのが町内の一般的な意見のようだ。また、ゴミ減量、温暖化防止については、ゴミの分別実施を通して理解されつつあると思います。

そもそも、この辺の田舎では、、

 ・生ゴミ→コンポスト設置または畑へ→堆肥化 

を推進してきており、内袋はあまり使用していないようです。

そして、

 ・マイバック運動を展開してきて→レジ袋大幅減→レジ袋の内袋、ゴミ袋利用減

ということで、そもそも内袋やゴミ袋にするレジ袋が減少してますから、今回の対応変更が与える影響は少ないようです。

我が町内においては、少しずつですが、レジ袋削減による温暖化防止推進が進んできているのだなと実感しました。

しかしながら、一部の家庭からは違反ゴミが出される可能性はゼロではなく、違反ゴミの対応を個々のゴミ当番が実施するのは大きな負担であることは指摘されています。

以上から、同じ市内でも地域によっては温度差があるように思います。市は将来的な姿を明確に描き市民に幅広く広報し、地域ごとの対応を段階的に進めることでスムースなゴミ減量化、地球温暖化防止を進めていく必要があると思います。