まずは、硬筆から